コード・ブルー 3rdシーズン第10話(最終話)見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!ネタバレあらすじあり

コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON 第10話(最終話) あらすじ

地下線路内で治療を開始していた藍沢からの「地下水が漏れてきているかもしれない」という連絡。その後、二次崩落に巻き込まれてしまった。

 

二次崩落が起きる30分前。藍沢・雪村は30代男性の意識のない骨盤骨折の負傷者、緋山・名取は30代女性頭蓋骨骨折、妊娠34週の妊婦、藤川は血管損傷をしている40代男性の治療をそれぞれ行っていた。白石は、駅のコンコースで負傷者の治療をしながら消防隊員・医療団に指示を出していた。

 

灰谷は、橘の指示の元、病院に残り運ばれてきた負傷者の治療を行った。冴島と横峯は白石と共に軽傷者、負傷者の治療にあたっていた。後から応援で来た新海は、緋山たちの元へ急行。

 

そんな時、二次崩落発生。大きな音とともにトンネルの天井が崩落する。藍沢は、とっさに雪村と負傷者を庇い身を伏せ、奇跡的に土砂の中から脱出する。そして再度負傷者の処置を始める。また、藤川は崩落の瞬間そばにいた子どもを庇い土砂の下敷きになっていた。緋山と名取は無事だが、出口を完全に遮断されてしまい身動きが取れなくなっていた。白石がそれぞれの安否を確認する中、藤川だけ確認できない。下半身をコンクリートに挟まれ、身動きが取れず、さらにレシーバーや携帯電話は破損して使い物にならない。藤川が庇い助けた子どもだけが藤川にとって希望の光だった。子どもの名前はかける。かける君は周りの状況を見て怖くなり泣き出してしまう。そこで、藤川は自分のペンライトを渡し1000まで数えながらまっすぐ駅のほうまで歩くよう諭す。藤川は藍沢・雪村が駆けつけ助けられるもののまだ危ない状態。急いで翔北へ運ばれた。

 

それぞれの負傷者を助け翔北へ戻っていく救命センターのメンバー。藍沢はもう一度奏と向き合い、緋山は緒方と向き合う。藤川は冴島に、名取は父親に、それぞれの決断を口にしていた。橘は優輔の手術が成功し、息子に笑顔が戻ったことを三井とともに喜んだ。そして、藍沢は白石にトロント大へ行くことを決意したと告げる。奏の手術のことでいったんは思い悩んだが、リハビリの成果も出てきて、前ほどではないがピアノを弾けるようになってきた。そして「私は、ピアノを弾けるようになる!前よりもっと!」という言葉を聞き彼女を見守っていた藍沢も決心がついたようだ。9年前に藍沢は翔北は難しい症例がたくさんくるから来た、と言っていた。しかし今は、自分のためではなく、誰かのために医者でありたいと気持ちに変化があったという。それを教わったのは白石・藤川・緋山・冴島だった。藍沢は「自分は出会いに恵まれた」といい、「白石の作る救命をなるべく早く見せてくれ」と言い残し、それぞれの道へとまた一歩進んでいった。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第6話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第8話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第2話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第7話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第5話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...

NO IMAGE

コード・ブルー 3rdシーズン第3話見逃し配信は再放送待たずFODプレミアムで!...